FX

Market quotes are powered by TradingView.com

北朝鮮リスク 「ミサイル実験継続へ」 - 米国が軍事的な行動に出れば「全面戦争」

経済投資情報オンライン

 

f:id:universaldiary:20170419120205j:plain

4月17日、北朝鮮の外務次官は、定期的にミサイル発射実験を続ける方針を示した。写真は、平壌で行われた軍事パレード。15日撮影(2017年 ロイター/Damir Sagolj)
(出典 REUTERS ロイター

北朝鮮の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は、定期的にミサイル発射実験を続けるほか、米国が軍事的な行動に出れば「全面戦争」を招くと警告した。

BBCが17日、インタビュー中の発言として伝えた。

BBCによると、同次官は「週、月、年ベースでさらなるミサイル実験を行う」と言明。「米国が軍事的手段を活用するほど向こう見ずな態度に出れば、まさにその日から全面戦争(が始まること)を意味することになる」と述べた。

核兵器で、米国の軍事的脅威から自国を防衛すると確信しているとも語ったという。
(出典 REUTERS ロイター

 

北朝鮮は新たな挑発も辞さない姿勢

国連の安全保障理事会では、4月28日に北朝鮮の核問題を含む核の不拡散について公開討論が行われる事になっているが、これについて北朝鮮のキム国連次席大使は17日、記者会見を開き「われわれは自力で軍事力を増強し、平和と安全を守る」と述べて反発をした。

更に、この中でキム国連次席大使は、トランプ政権が「最大限の圧力と関与」でアメリカ海軍の空母打撃群を朝鮮半島に近い西太平洋に向かわせている事ことについて「北朝鮮に対する侵略作戦が重要な段階に入った」と述べた。
 

有事の円買い

以前は「有事のドル買い」がマーケットの共通認識だったが、最近の為替相場では、「有事の円買い」が常識になっている。

北朝鮮を巡るリスク、軍事衝突も起きかねない一触即発の緊張が高まる中、安全資産の代表格となった円に「買い」が集中すると見られているが、投機筋が逆の仕掛けでマーケットを揺さぶってくる可能性も否定できないので注意が必要だ。

f:id:universaldiary:20170413140325p:plain

経済投資情報オンライン

広告を非表示にする