読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX

ドル円:「東京時間の戦略」-111ミドル~112ミドルのレンジが続く=ショート維持

現役デイトレーダー

f:id:universaldiary:20170209133916p:plain

(ドル円 昨日~今日迄のチャート 出典 https://www.investing.com

 

ドル円は狭いレンジ

ドル円相場は、111ミドル~112ミドルの狭いレンジのまま日米首脳会談に突入するのだろうか?相当なエネルギーが溜まっているので、上値か下値に大きく振れた時は、ストップロスと投機筋の仕掛けと共に突き抜けるだろう。個人的には111のミドルのサポートが破られて、110方向に円高が進行する事を期待している。

 

長期ではドル高、短期ではドル安

繰り返しになるが、長期的な視点では「トランプラリーのドル高」は終焉していないが、短期的な視点では流れはドル安方向だ。今の短期のドル安の流れは、118.60を上に抜けない限りは変わらない。直近の相場の動きは完全に下を攻撃している。ただ、ここまでドル安攻撃を受けても112を挟んだサポートが、「しぶとい」事が悩ましい。

昨日のNY時間でも、FRBの3月利上げ観測が後退し、米国債利回りが低下した事を受けて派生したドル安の流れが、111ミドルを破ると思われたが、しぶとくサポートを守った。そして本日の東京時間では再び112を上抜いてきた。しかし、111ミドルはダブルボトムを形成しているので、次に下値トライでサポートが破られたら、111割れを目指す動きになるだろう。

ショート戦略(111.90のショートポジションはホールド、114.00で損切り、113.00でナンピン、110.00の手前で利益確定)は継続する。