読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX

市場相場は TradingView.com によって提供されています

ゴールドマンサックスがトランプの方針を批判

 1月30日、トランプ米大統領が難民受け入れ凍結やイスラム圏7カ国からの入国制限を大統領令で指示したことで、米企業はジレンマに直面している。写真は、同大統領の難民らの入国を制限する大統領令に抗議する人たち。NY市で29日撮影(2017年 ロイター/Stephanie Keith)

1月30日、トランプ米大統領が難民受け入れ凍結やイスラム圏7カ国からの入国制限を大統領令で指示したことで、米企業はジレンマに直面している。

出典 ロイター | 経済、株価、ビジネス、政治ニュース

 

米国企業のジレンマ - 避難をしないリスク

 

多くの米企業がトランプの入国制限の大統領令に対して非難の声を上げているが、ウーバーは大統領令に対するタクシーのストに加わらなかった為、トランプを非難しなかった事に対して非難された。慌てたウーバーは移民制限の影響を受けるドライバーを守る基金に300万ドルを贈与した。

 

なぜゴールドマンサックスまで非難の声を上げるのか?

 

トンランプと因縁があるスタバが非難の声を上げるのは分かるが、なぜゴールドマンサックスがトランプに対して非難の声を上げるのだろうか?ゴールドマンサックスが反発して、トランプが「身内」との摩擦を強めた形になったとの報道もあるが、これはギミックだと受け止めた方が良いだろう。ゴールドマンサックスのトランプに対する非難はプロレスで言う所のアングルである。

 

トランプは大統領令も含め既に20回も指令を出した

 

トランプはガチの中にもプロレス的なやり方を混ぜ込むのが非常に上手い。恐らく背後に演出的な戦略を練っている者がいるだろうし、トランプ自身もギミックの使い方に長けている。

常に大統領令に署名する時はメディアの前で行い、有言実行の行動する大統領である事を世間に印象付をしている。