FX

Market quotes are powered by TradingView.com

現物資産投資の威力

 3月10日、フランスとオランダが共同購入したオランダの画家レンブラントの絵画2点がパリのルーブル美術館で公開された(2016年 ロイター/Etienne Laurent)

出典 ロイター | 経済、株価、ビジネス、政治ニュース

 

富裕層の投資

例えば、あなたがコツコツと貯金をして500万円の新車を購入したとしよう。あなたの所有する車は買ったその瞬間から価値は下がり始める。車はモノであり、年月が経てば、やがて残存価値はゼロになる。

一方、アンティークコインや絵画等の美術品の場合は、物理的なモノとしての価額ではなく、「アンティーク」や「美術」としての付加価値に価値づけされた存在であり、時間の経過に比例して価値が落ちる事は無い。それどころか、アンティークコイン等は残存数が限られているので希少性は高く、更に「減る事はあっても増える事は無いので」時間が経てば経つほど価値は緩やかに上昇していくのだ。

富裕層が行っている現物資産投資は、一般層が投じている株やFXとは次元が全く違う投資手法である。現物資産投資を学ぶ事で、世界中の富裕層達が「どうやって莫大な富を築きあげ、それを保全しているのか」その秘密の一端を垣間見る事ができる。

 

広告を非表示にする