FX

Market quotes are powered by TradingView.com

トランプ米大統領とメイ英首相「反グローバル」

British Prime Minister Theresa May and US President Donald Trump.

ドナルド・トランプ米大統領とテリーザ・メイ英首相27日、北大西洋条約機構(NATO)を今後も重視していくと表明した。トランプ大統領にとって初の外国首脳との会談をホワイトハウスで行った後、記者会見で述べた。トランプ氏はこれまでNATOは時代遅れだと発言してきたが、メイ首相はこの日の会見で、トランプ氏は「100%」NATOを支持していると言明した。

(出典 BBCニュース

メイ英首相にとっては、トランプ米大統領からNATOを100%支持するとの発言を引き出せた事は、大きな収穫だったと言える。

 

両首脳はさらに、貿易協定の取りまとめに向けて協力していく方針を表明。メイ首相は、英米貿易協定は「両国の国益にかなう」ものだと述べた。トランプ氏は「両国と両国の国民にとって、素晴らしい日々が待っている」と話した。英国は欧州連合(EU)離脱手続きが終わるまでは米国との協定交渉に入れない。しかしトランプ氏は、EU離脱が済み次第「すぐに」合意したいと述べた。

 (出典 BBCニュース

共に自国第一主義と反グローバルの波に飲まれた国同士、好むと好まざるとに関わらず、協力関係を築くしかないのだろう。

 

メイ首相によると、エリザベス女王は今年後半に国賓としてトランプ氏を招待し、トランプ氏はこれに応じたという。

28日に予定されるロシアのプーチン大統領との電話会談をめぐり、ロシア制裁を解除するのではないかとの指摘について質問されたトランプ氏は、「その話題はまだ早すぎる」と答えた。

トランプ氏はさらに、ロシアは中国などと「すごくいい関係」を保つことは、「悪いことではなく、良いことだ」と述べた。一方でメイ首相は、EUの対ロ制裁は堅持すべきだと言明。「(ウクライナ停戦合意の)ミンスク協定の完全履行を求めていると、態度を明示してきた」と首相は述べ、これが実現するまで制裁は続くと強調した。

 (出典 BBCニュース

「対ロシア」については隔たりもあるが、英国にとって、EUと距離を置かざるを得ない状況の中では、今まで以上に米国との関係は重要になってくる。ハードブレグジットによって英国が欧州で孤立しても、同じ反移民を掲げている米国との協力関係が強固になれば、英国の世界からの孤立化は防げる

 

英首相とは気が合ったかどうか尋ねられると、トランプ氏は「みんなが思うほど僕はがさつじゃないから」と笑って答えた。メイ首相は、自分たちはお互いに「普通の人たちの利益」を最優先させるという意味で政治手法が同じだと発言。長年続く米英の「特別な関係」は健在だと強調した。

首脳会談に先立ち、両首脳はホワイトハウスの執務室に置かれたウィンストン・チャーチル元英首相の胸像の前で記念撮影した。チャーチル首相の胸像はオバマ政権時代には執務室の外に置かれていたが、トランプ大統領が執務室に戻させた。

大統領は、執務室に戻すことができて「非常に光栄だ」と述べ、首相は「ありがとうございます。また戻してくれて嬉しいです」とほほ笑んだ。

(出典 BBCニュース

米国と英国が主導する、これからの時代の幕開けは「反グローバル」である。そしてこの「反グローバル」のうねりを、世界経済の下押し懸念として、中国が非難しているという、数年前では想像もつかなかった混沌とした時代に世界は突入した。反グローバルの先にある未来とは、一体どんな世界なのだろうか?