FX

Market quotes are powered by TradingView.com

トランプ大統領「移民制限に関する大統領令に25日署名へ」

f:id:universaldiary:20170125122803j:plain

[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は、25日に国土安全保障省で、移民の制限に向けた複数の大統領令に署名するとみられる。議会関係者や専門家が明らかにした。大統領令には、難民の入国制限や、イスラム教国であるイラク、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン出身の一部のビザ保有者に対する入国制限が含まれる見通し。

jp.reuters.com

まだ新政権は始動したばかりだが、トランプの独走は止まらない。

25日から中東・アフリカの7カ国を名指しして、米国への入国制限をする大統領令に署名する方針を明らかにした。英国をブレグジットへと駆り立てた「移民制限」と同様に、米国第一主義を掲げるトランプも反移民政策を実行に移すようだ。

更にトランプは24日、ツイッターで「明日は安全保障で大きな日になる。壁を造る!」と発信した。どうやら目玉政策だったメキシコ国境の建設に向けて具体的な指示をする大統領令にも署名するのだろう。

 

広告を非表示にする