読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX

市場相場は TradingView.com によって提供されています

メイ首相「EU関税同盟と新たな協定を結びたい」

新たな協定をEUが結んでくれるだろうか?

EUとしては、単一市場の撤退を表明した英国に対しては「見せしめ」をしなければ、3月のオランダ、4月と5月のフランス、秋のドイツの選挙で反EU勢力を増幅させてしまう。

f:id:universaldiary:20170117231309p:plain

(出典 http://jp.reuters.com/

  

歴史が変わる時は英国から始まる

市場がメイ首相の発言を「ハード」から「ソフト」に受け止めた事でポンドの一段の下落は回避された。

かつての大英帝国は、常に世界の中心にいた。歴史を創ってきたのは米国ではなく、英国である。英国発の反グローバルの流れは、米国でのトランプ誕生に繋がった。その流れは、オランダ・イタリア・フランス・ドイツを飲み込むのだろうか?

欧州が反EU、反移民、反グローバル、そして大きなポピュリズムのうねりが台頭した時、爆弾(ドイツ銀行破綻)のスイッチが押される時なのだろうか?

誰もが気付かない所で、世界金融危機へのカウントダウンは既に始まっているのかも知れない。

 

為すべき事は「生き残る事である」

どんな危機が訪れても、あなたが為すべき事は変わらない。市場で生き残る事だ。あなたは何の投資で生き残りを掛けるのか?株式投資か?FX投資か?それともビットコインか?

手法は何でも良い。とにかく、生き残る事が重要だ。ドイツ銀行やEUが破綻しても、あなたは絶対に破綻をしてはいけない。

(現役デイトレーダー)