読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX

ドルの下落はトランプラリーの終焉か?それとも単なる調整か?

東京時間の午後、113円台まで円高が進み、日経平均株価も下落した。トランプ記者会見前の水準にドルが戻る様子は無い。このまま113円台後半のサポートが崩れて112円台に入れば、直近高値から約6円の円高水準となる。トランプは、自らの記者会見によって、トランプラリーを終焉に追い込んでしまうのだろうか?

f:id:universaldiary:20170116214450p:plain

(出典 https://www.investing.com/

 

トランプの打ち出す国境税に対する警戒感

トランプの経済政策の柱のひとつが、米国からの輸出を促進して輸入を抑制する為に導入を検討している国境税である。具体策はまだ不明だが、下手をすると高関税の報復合戦に発展する可能性がある。当然そうなればリスクオフの流れは避けられない。113円後半のサポートが割れた時の円高の進行具合には要注意だ。

しかし押し目買いの期待感もあり、「まだトランプラリーは終わってはいない」と楽観的な見方をする市場参加者もいるので、FX投資家の皆さんには「往復ビンタ」を喰らわないように気を付けていただきたい。

(現役デイトレーダー)