FX

Market quotes are powered by TradingView.com

トランプ砲!炸裂!

約57分のトランプの会見が終わった。冒頭からメディアに対する対決姿勢を鮮明にしてスタートした会見だったが、途中でCNNの記者がトランプ砲の直撃を受けてしまった。

f:id:universaldiary:20170111122252j:plain

 (出典 http://jp.reuters.com/

 

やっぱり対決!トランプとメディア

最初に報道官、次に次期副大統領が登場してコメントを発し、そして主役のトランプが登場するが、途中で弁護士が現れてトランプの「大統領職務と事業の利益相反問題」について弁護した。※これがけっこう長かった。合計57分の内、約10分程度も時間が取られてしまった。

途中でCNNの記者が「自分達にも質問をさせてくれ!」と訴えたら、トランプに「あなた達の質問は受けない」と一蹴された。

ドル高牽制発言は出なかったが、ロシア問題が集中的にクローズアップされて、尚且つトランプが明確な発言を避けたので、この問題は今後のリスク要因となるだろう。このロシア問題の質疑応答中にドルは下落に転じた。

(現役デイトレーダー)