FX

Market quotes are powered by TradingView.com

トルコリラ円のスワップ派は要注意!

トルコリラ円が30円を割った。もし、トランプが会見でドル高容認姿勢を示したら、トルコリラの下落は歯止めが効かない所まで落ちる可能性がある。スワップ派のFX投資家で、トルコリラ円のロングを大量に保有している人は、トランプの会見後の市場の動きには注意していただきたい。トランプの発言内容によっては、かなり危険な水準まで落ちる危険性がある。

f:id:universaldiary:20170111224612p:plain

(出典 https://www.investing.com/

 

トルコリラ円の行方

トランプラリーでドル円が15円以上の円安になったが、ドルトルコリラの上昇を受けて、トルコリラ円の円安圧力は4円程度が限界だった。このままドル高が継続した場合、もうサポートラインが存在しないトルコリラの下落余地は見当がつかない。

節目の30円を割れたトルコリラ円の行方は、かなり暗いと言わざるを得ない。ドル高が継続した状態で、トルコの地政学的なリスクへの警戒感と欧州の政局不安からのリスクオフの流れが強まったら、下落の目途はつかない。もしトランプがドル高牽制をしてドルトルコリラの上昇が抑えられたら、一時的にトルコリラ円の下落を止めるサポートになるだろうが、それだけではトルコリラの下落基調を反転させる事は出来ない。

この水準からトルコリラ円でスワップ狙いをするなら、相当な資金力と計画的なポジション管理が必須である。

(現役デイトレーダー)