読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX

個人投資家の皆さん、あけましておめでとうございます!

これからも個人投資家の皆さんにとって、少しでも「お役立ち」できるブログ運営を目指します。本年もよろしくお願いします。

 f:id:universaldiary:20170101145749j:plain

(出典 http://jp.reuters.com/

2017年に最も注目される人物は誰か。この問いに、金融市場参加者はどのように答えるだろうか。

筆者の勝手な憶測で上位3人を挙げれば、1位は文句なくドナルド・トランプ次期米大統領だろう。米国で政権が交代する、しかも初のビジネス業界からの大統領就任に、世界の注目が集まっている。トランプ氏の一挙手一投足に反応して相場が変動する可能性は高い。

2位はジャネット・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長ではないか。FRBは12月の連邦公開市場委員会(FOMC)で1年ぶりの利上げを決定。同時に発表されたFOMCメンバーによる政策金利見通しで、2017年に3回の利上げが予想されていたことが話題となった。

果たして予想通りになるか、あるいは利上げに躊躇(ちゅうちょ)するような展開となるのか。米金融政策の動向をめぐり、2017年もイエレン氏が注目の的となることは間違いないだろう。

3番目に注目される人物は、2017年に欧州で選挙が相次ぐことを考慮すれば、秋に連邦議会選挙を控えるドイツのアンゲラ・メルケル首相が有力だ。

メルケル氏は12月6日、与党キリスト教民主同盟(CDU)の党大会で党首に再選された。ただ、その後12月19日に起きたベルリンのトラック突入事件により、容疑者とみられる人物が難民として入国していたことから、メルケル氏の「難民受け入れ」に対する批判も強まっている。同氏は欧州連合(EU)の要として統合を進めてきただけに、選挙動向には世界の注目が集まるだろう。

 

2017年、どのタイミングでNYダウとドル、そして日経平均株価が下落するか、欧州の選挙でポピュリズムと反グローバルがどれだけ台頭するのか、世界の金融と政治の危機がどこから始まるのか、本気で投資でお金を稼ぎたいのならば、僅かな市場環境の変化も見過ごしてはならない。

 

あたなが投資で利益を上げたいのなら、自分で投資対象を詳細に徹底的に調べてから投資をすべきだ。さもなければ、家で寝転んでテレビでも見ている方が良い。どんなにリスクを背負ってお金を投じても、調査を怠るならば、それは投資ではなくギャンブルに過ぎない。

 

政府の見解やニュース報道は、恣意的に管理されている事を忘れてはならない。自分は情報を織り込んでいるのか、それとも情報操作を受けているのか、常に自問自答しないと、無意識に無自覚なままに垂れ流される情報に飲まれて、投機筋や国際金融資本の餌食にされてしまう。全ての公の情報には裏がある。損失を回避できる優れた投資家とは、疑う事ができる投資家の事である。

 

お正月休みで何もする事が無いのなら、時間を掛けて20年位の長期のチャートを見ると良い。市場には何も新しいものは無い事に気付ける。過去に起こった事は、また起きる。リーマンショックやトランプラリーのような事は何度でも繰り返される。年間で利益が取れる瞬間は、ほんの僅かであり、その時が訪れたら臆せず勝負をかける。その時が「いつ」なのか、答えは全てチャートの中にある。

 

チャートの値動きを見て、何か特別なものを感じられる瞬間は年回で数回程度だ。その時が訪れたのならば臆せず身銭を投じれば良い。たとえ損失に繋がっても、そこから得られる教訓は利益に匹敵する価値を有する。

(現役デイトレーダー)