FX

Market quotes are powered by TradingView.com

ドイツ銀行破綻のスイッチは、いつ押されるのか?

ドイツ銀行問題は本当に終わったのか?

ドイツ銀行は金融商品の不正販売に関わった問題で、9月に米司法省から140億ドルの支払いの要求をされ、これがきっかけで破綻懸念が広がり、ドイツ銀行の株価は急落したが、今月の22日、米司法省との間で罰金72億ドルを支払う事で和解に合意したとドイツ銀行は発表した。

ドイツ銀行は制裁金の支払いに伴い、2016年10~12月期に11億7000万ドルの費用を計上するが、業績に与える影響は軽微だとしている。

なぜ米司法省は減額までして決着を急いだのだろうか?「ドイツ銀行延命」は一体誰の指示なのだろうか?

f:id:universaldiary:20161227054358j:plain

(出典 http://jp.reuters.com/

 

狙い撃ちにされたドイツ銀行

サブプライムローン証券の販売で、不正を承知で煽りまくって住宅ローン担保証券(MBS)を売りまくったのが、ドイツ銀行である。故に厳しく責任を追及されるのは当然だ。

しかし、ここで多くの人が「ゴールドマンサックスは?」と疑問に思うはずだ。ゴールドマンサックスは、同様にサブプライム問題を作り出した、だけではなく、サブプライムの破綻を見通してショートで大儲けをしたのだ。ゴールドマンサックスはアメリカ政府との癒着が強いので、責任追及は緩い。但し、ドイツ銀行もトランプとの繋がりが指摘されているので、今後の展開を予測するのは難しい。

 

恐怖のクレジットデフォルトスワップ(破綻に備える保険)

ドイツ銀行の金融取引総額は日本円で約8700兆円(ドイツのGDPの20倍)と言われている。ドイツ銀行の存在無くして、EU危機とユーロ危機は語れない。

ギリシャ財政危機の時にドイツ政府がギリシャをユーロ圏に留まらせた理由は、ギリシャがユーロから離脱したら、ドイツ銀行がギリシャに融資した資金が不良債権となってしまうからである。

ドイツ銀行はギリシャ国債のクレジットデフォルトスワップを大量に取り扱っている。ギリシャが破綻したら、ドイツ銀行は最低でも日本円で約50兆円の損失が出ると言われている。ギリシャが破綻したらドイツ銀行が破綻の危機に追い込まれる。仮にドイツ銀行が破綻したら欧州金融危機が起こる。その余波に世界中が巻き込まれて、リーマンショックを超える世界金融危機へと繋がって行く。

 

ドイツ銀行の延命は世界金融危機の先送りか?

リーマンの破綻の時と同様に、ドイツ銀行の破綻は世界的な金融危機を引き起こす爆弾になる。2017年以降、どこかのタイミングで爆弾(ドイツ銀行破綻)のスイッチは押される事はあるのだろうか?欧州でポピュリズム、自国第一主義を掲げる政治勢力が台頭して、EU加盟国の政局が不安定になった時、その時こそが爆弾(ドイツ銀行破綻)のスイッチが押される時なのかも知れない。

そして、トランプとドイツ銀行の歪んだ繋がりが何とも不気味である。

(現役デイトレーダー)