読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX

ドル円はこのままか?それとも何か仕掛けが来るのか?

ドル円は昨日のNY時間から大きな動きはない。このまま117円台で小動きのまま116.50から118.50のレンジに入るのだろうか。それとも何かの仕掛けが入って、海外時間に大きく動くか?

【ドル円】

 f:id:universaldiary:20161222183834p:plain

(出典 http://www.investing.com/

news.finance.yahoo.co.jp

22日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=117円65銭前後と、前日午後5時時点に比べ7銭程度のドル高・円安で推移している。
欧州時間のドル円相場は方向感に欠ける展開。国内はあすから3連休となるほか、26日は海外の多くでクリスマスの振替休日となることから模様眺めムードが広がりやすくなっている。午後3時頃には117円74銭に強含む場面もあったが、時間外取引で米10年債の利回りが小幅に低下しているなど積極的にドルを買う材料には乏しい。

 

クリスマス休暇に加えて東京市場も3連休前だから動き難いのだろう。昨日のNY時間には若干のポジション調整が入ってドルロングを解消する動きがあったけど、116円台に入るほどではない。トランプの経済対策とインフレによるFRBの利上げ期待によるドル高も少し息切れして、118円台には届かず、どっちつかずの方向感の無い動きだ。この先のドル円は、レンジ入りで上にも下にも積極的に攻め辛い。

上値トライは、日銀決定会合と黒田円安容認発言を受けても118円台前半の水準で上値を固く拒まれているので、118円台のミドルまで行ったとしても恐らくは利益確定の売りに頭を押さえられて下に落とされるだろう。下値トライも、116.50の強いサポートをブレイクするほどのドル売り材料は無い。もし大きく動くとするなら、その時は投機筋が何らかの仕掛けを起こした時だろう。

(現役デイトレーダー)