FX

Market quotes are powered by TradingView.com

北朝鮮リスク 「ミサイル実験継続へ」 - 米国が軍事的な行動に出れば「全面戦争」

経済投資情報オンライン

 

f:id:universaldiary:20170419120205j:plain

4月17日、北朝鮮の外務次官は、定期的にミサイル発射実験を続ける方針を示した。写真は、平壌で行われた軍事パレード。15日撮影(2017年 ロイター/Damir Sagolj)
(出典 REUTERS ロイター

北朝鮮の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は、定期的にミサイル発射実験を続けるほか、米国が軍事的な行動に出れば「全面戦争」を招くと警告した。

BBCが17日、インタビュー中の発言として伝えた。

BBCによると、同次官は「週、月、年ベースでさらなるミサイル実験を行う」と言明。「米国が軍事的手段を活用するほど向こう見ずな態度に出れば、まさにその日から全面戦争(が始まること)を意味することになる」と述べた。

核兵器で、米国の軍事的脅威から自国を防衛すると確信しているとも語ったという。
(出典 REUTERS ロイター

 

北朝鮮は新たな挑発も辞さない姿勢

国連の安全保障理事会では、4月28日に北朝鮮の核問題を含む核の不拡散について公開討論が行われる事になっているが、これについて北朝鮮のキム国連次席大使は17日、記者会見を開き「われわれは自力で軍事力を増強し、平和と安全を守る」と述べて反発をした。

更に、この中でキム国連次席大使は、トランプ政権が「最大限の圧力と関与」でアメリカ海軍の空母打撃群を朝鮮半島に近い西太平洋に向かわせている事ことについて「北朝鮮に対する侵略作戦が重要な段階に入った」と述べた。
 

有事の円買い

以前は「有事のドル買い」がマーケットの共通認識だったが、最近の為替相場では、「有事の円買い」が常識になっている。

北朝鮮を巡るリスク、軍事衝突も起きかねない一触即発の緊張が高まる中、安全資産の代表格となった円に「買い」が集中すると見られているが、投機筋が逆の仕掛けでマーケットを揺さぶってくる可能性も否定できないので注意が必要だ。

f:id:universaldiary:20170413140325p:plain

経済投資情報オンライン

広告を非表示にする

ムニューシン財務長官 「長期的にはドル高は良い」

経済投資情報ON LINE

 

f:id:universaldiary:20170419115957j:plain

4月17日、米医療保険改革を巡って議会交渉がつまずいたことを受け、ムニューシン財務長官(写真)は、税制改革の日程が遅れる可能性を示した。3月撮影(2017年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

米医療保険改革を巡って議会交渉がつまずいたことを受け、ムニューシン財務長官は、税制改革の日程が遅れる可能性を示した。

フィナンシャル・タイムズ(FT)紙のインタビューで語った。税制改革案を議会通過させ、8月までに大統領のもとに届ける目標は「相当強引か現時点で非現実的」との認識を示した。

短期的にはドルが高いとの認識はトランプ大統領と共有しつつも、長期的にはドル高は前向きとの見方も表明。「世界通貨、主要準備通貨として、長期的にはドル高は良いことだ」と述べた。
(出典 REUTERS ロイター

 

トランプ政権はドル高か?それともドル安か?

4月17日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、アメリカ10年債権利回りが2.1966%から2.2587%まで上昇した事と、ムニューシン財務長官が「強いドルは長期的には好ましい」と発言した事を受けて堅調な動きとなったが、ムニューシン財務長官は「強いドル」発言を繰り返しており、「ドルは強すぎる」と発言し続けるトランプ大統領と、今後どう折り合いをつけていくのかという点が不透明だ。

本日は日米経済対話が予定されているが、ロス商務長官やペンス副大統領から貿易不均衡の是正を目指した厳しい注文や円安批判発言が出た場合、ムニューシン財務長官の「強いドル発言」の織り込みが難しくなる。

目先のアメリカ経済指標の結果を受けて、利上げペースが緩やかになるとの見方も強まっており、シリアと北朝鮮のリスク、そしてフランスの大統領選挙のリスクを考慮すると、円高方向へ振れる警戒感を持っておいた方が無難だ。

f:id:universaldiary:20170413140325p:plain

経済投資情報オンライン

広告を非表示にする