読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX

イギリス 「メイ首相が6月8日に総選挙を実施する意向を表明」 - ポンドが対ドルで上昇

経済投資情報ON LINE

 

f:id:universaldiary:20170419121621j:plain

4月18日、英国のメイ首相は6月8日に総選挙を前倒し実施する意向を表した(2017年 ロイター/Stefan Wermuth)
(出典 REUTERS ロイター

英国のメイ首相は18日、6月8日に総選挙を前倒し実施する意向を表した。欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)協議を優位に進める上で、与党・保守党および首相としての自身への支持を国民に問うことが必要と判断した。

首相は官邸前で声明を読み上げ、離脱交渉での政府の方針は正しく、政治的結束が必要と指摘。「閣議で6月8日の総選挙実施を求めることで合意した」と述べた。

首相は「不本意ながら総選挙が必要と決断した。EU離脱とその後も見据えた強固かつ安定した英国の統率力を確立するに必要だと確信している」と述べた。

メイ氏は、EU離脱決定を受けて辞任したキャメロン前首相の後任で、保守党の党首選での勝利を経て首相に就任した。当初から解散総選挙には後ろ向きだったが、世論調査で保守党は最大野党・労働党を約20ポイントリードしているほか、英景気はブレグジット決定後も予想外の底堅さを維持するなど、追い風が吹く。また一部の改革案を巡っては保守党内からの抵抗にも直面しており、国民の信をあらためて問うことで首相としての立場を固める狙いがある。

メイ首相は、前倒し実施に向けた法案を19日に提出する。承認には議会の3分の2以上の賛成が必要だが、労働党は選挙実施を支持しており、法案は承認される見込みだ。

メイ首相が選挙は確実性をもたらすとの見解を示したことで、ポンドは対ドルで2カ月半ぶりの高値に上昇。一方、FT100種総合株価指数は約7週間ぶりの安値に沈んだ。
(出典 REUTERS ロイター

 

メイ首相が高い支持率を背景に突然の「総選挙」表明

イギリスのメイ首相は日本時間4月18日午後7時過ぎ、首相官邸前で「EUからの離脱に向けたみずからの交渉方針を争点」に、解散総選挙を行う考えを明らかにした。解散総選挙を行うには議会下院の3分の2以上の同意が必要だが、与野党の賛成多数で承認される見通しだ。

メイ首相は会見で、「保守党への一票一票が(EU離脱の)交渉に臨む私に力をくれる」と述べた。

メイ首相は、これまで2020年まで解散総選挙を実施しないと明言していたが、野党がEU離脱交渉の方針に否定的な対応を取っている事を指摘し、EU離脱交渉が本格的に始まるのを前に政権基盤を強化する為、あらためて国民に信を問い、総選挙に勝利して支持基盤を固めたうえで、EUとの離脱交渉にのぞみたい思惑だと見られている。

EU離脱をめぐっては、議会には残留を求める根強い声があり、今も約40%の人が反対と答えるなど国民世論は割れたままの状態の中、メイ首相が思惑どおりに議席を伸ばせるかどうか注目されているが、現時点でのメイ首相の支持率は高く、EU離脱反対派がブレグジットの流れを止めるのは困難だと見られている。
 

ポンドは急騰、株価は下落

メイ首相の総選挙の前倒し表明を受けて、与党が勝利してEU離脱交渉を行う政権の基盤が強固になるとのマーケットの織り込みが広がった為、ポンド/ドルは一時1.2908ドルと、昨年10月3日以来の水準まで急騰した。


(出典  Investing.com ファイナンス 金融ニュース

しかし、欧州の株式市場では、フランスの大統領選挙への警戒感が広がる中、イギリスの突然の「総選挙」表明を受けて、政治的な不透明感が改めてリスクとして意識され、各市場で売りが優勢となった。

FTSE 100
7,147.50  前日比-180.09(-2.46%)
DAX
12,000.44  前日比-108.56(-0.90%)
CAC 40
4,990.25  前日比-80.85(-1.59%)

今回のメイ首相の総選挙の前倒し表明は、外国為替市場と株式市場で全く逆の受け止めとなった。

2017年の欧州政治の行方は波乱要因が多く、投資家は常に欧州の政治動向を注視し、相場の乱高下に備えて細心の注意を払う必要がある。

経済投資情報オンライン

f:id:universaldiary:20170413140325p:plain